マリオと言えば任天堂の代表的なマスコット的キャラクターです。

ここでは、国民的なゲームキャラとも言えるマリオについて、その歴史などを解説します。

マリオが初登場

マリオが初めて登場したのは、任天堂が初めて出した業務用ビデオゲームの「ドンキーコング」です。

プレイヤーはマリオを操り、建物の最上階にいるキングコングにさらわれたピーチ姫を救い出します。 基本的なゲームのやり方は、マリオを操り、一番下の階から階段を昇って最上階まで辿り着くことができれば、その面はクリアとなります。

今思えば、かなりシンプルでなぜこんな単純なゲームが人気になったのだろうと思うけど、ドンキーコング以外の他のゲームもかなり質素だったからだと思います。

このドンキーコングは、のちに任天堂のファミコンにも移植をされ、ファミリーコンピュータ(ファミコン)が普及するのを後押ししました。 ドンキーコングというゲームがあったからこそ、当時はファミコンが家庭用ゲーム機の事実上のデファクトスタンダードになったのだと思います。

爆発的な大ヒットゲーム

マリオと言えばスーパーマリオブラザーズを外すわけには行きません。

未だに日本国内でもっとも売れたゲームの記録はスーパーマリオブラザーズで、この記録は破られていません。 このスーパーマリオブラザーズは日本国内では約700万本弱、世界では4000万本以上ゲームカートリッジが売れました。

この時は歌詞付きの「スーパーマリオのメロディー」も流行りました。

その他のマリオ

マリオは任天堂の看板キャラなので、様々なゲームの主人公として登場しています。

その数を数えたら100種類以上あります。 ここでは、そのすべてを取り上げるわけにはいかないので、代表的なゲームタイトルだけをご紹介したいと思います。

先ずは、マリオゴルフです。 スポーツもので、ゲームタイトルにあるようにゴルフをプレイすることができます。 ゲームプレイヤーはマリオを操ってドライバーショットなどを打ちます。 ちなみに、ゴルフ以外にもテニスやベースボールゲームでもマリオは登場しています。

その次に、ご紹介するのはマリオカートです。 マリオカートはそのタイトル通りマリオが乗ったカートを操るレースゲームです。 レースを繰り広げるコースは、サーキットだけでなく高速道路や、ダートコース、市街地などバラエティ豊かです。

マリオカートは人気があったため、最初に発売されたスーパーファミコン用だけでなく、その後の任天堂の様々な家庭用ゲーム機にも展開されています。 また、家庭用ゲーム機だけでなく、アーケードゲームにもなっています。

このゲームが人気になったのは友達と競い合う事が出来るからだと言えます。 マリオカートがヒットした一要因は、対人で楽しめるからです。

◎ITニュース
  • 東京メトロ日比谷線 運転見合わせ
  • 上野発の夜行列車などで活躍 583系電車 最後の運行
  • 時間外労働の上限規制 労使での具体的議論始まる
  • 青森の女子中学生自殺で報告書「学校の対応に問題」
  • 小田急小田原線 運転見合わせ
  • 森友学園 大阪府が再調査も契約書原本の提示拒否
  • トヨタ 米ケンタッキー州工場更新 1500億円投資
  • 神社に液体 指名手配2人の中国人 行き先が被害地域と重なる
  • 首相 北朝鮮情勢緊張高まるも拉致問題解決に全力を
  • 70代女性が死亡 頭に傷あり事件か 長野 野沢温泉村